Practiceareas 業務内容

契約書の作成
契約書は紛争予防の出発点。取引先への信用を高める効果もあります。



ニーズに応じた契約書の作成
当事務所では,使用頻度(汎用性)の高い契約書については,リスクマネジメント契約書の作成をお奨めしています。もっとも,御社のニーズや,取引の経済規模にしたがって,メリハリをつけることも必要です。

 
契約書の役割
契約は,当事者の合意によって成立します。契約書は,その合意内容を証明する「証拠」でしかありません。しかし,たかが証拠,されど証拠。信頼していた取引先が不義理をしても,契約書がないばかりに,訴訟も債権回収もままならない・・・そんな悲劇が毎日のように起こっています。日々の経営を安心して行なうために,契約書は必要不可欠です。
 
また,契約書に基づく取引は,取引相手にも安心感を与えます。契約書は,あなたの信用を高めるツールでもあるのです。口約束でのトラブルに遭遇したなら,迷わず契約書の作成をご検討ください。

一般的な契約書

一般に流通している契約書は,あくまでも雛形です。あなたが想定するリスクには対応していません。
 
通常,法律事務所が契約書の作成依頼を受けたときは,この雛形をベースにしつつ,依頼者の要望や取引の実情に応じて条項を追加・削除したり,条項の文言を変更したりして修正を加えていきます。
このようにして,取引の実情と要望に応じて作成したものを,当事務所では「定型契約書」と呼んでいます。
 

リスクマネジメント契約書

リスクマネジメント契約書は,将来起こりうるリスクを最大限軽減することを目的としています。これは,紛争予防という契約書本来の機能を最大限に重視した契約書です。
 
この契約書の作成は,目的とする取引から発生するリスクの洗い出し(ブレインストーミング)から始まります。それらリスクを順位付けし,発生可能性の高いものを,重点的に潰していくように,条項を構成します。
 
定型契約書がセミオーダーとするならば,リスクマネジメント契約書は,完全オーダーメイドの契約書ということができます。
TOP